<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

軍艦島(端島)

(エコマーク)

桟橋を渡って、トンネル様の入り口を抜けた。

b0149867_15133224.jpg
土のなかったところに次第にどこからか植物が運ばれ、芽吹いてゆく。

知っている香りがする。どこから?

b0149867_15154094.jpg
やはり テッポウユリ。たくましい植物だ。

荒地の花だな。テリハノイバラもほこっていて 白い花を咲かせていた。

b0149867_15185714.jpg

猛禽が見張っている。エサには困らないだろうな。

そういえば 野ネコはまだどこかにいるんだろうか?

b0149867_15213138.jpg
埋もれてゆく。

b0149867_15221738.jpg
これは まさに FFでしょ。

b0149867_15230689.jpg
象徴的な赤レンガの建物跡。潮を吹く壁。

b0149867_15244376.jpg
灯台と貯水塔。始めのころは海水しかなく、このタンクができるまで水を巡っての諍いがあったという。
b0149867_15292051.jpg
運命の階段。二度と帰ってこない人もいた。

b0149867_15303329.jpg
防壁の外は荒海

b0149867_15315527.jpg
入れるのはここまで。後方にあるのはプールかな?
b0149867_15330304.jpg
通称 端島の地獄段の入り口

2年前は入れたようだ。You Tube にUPしている人がいた。

ここには載せないが・・・。



[PR]
by chao757 | 2014-09-23 16:03 | 旅行

長崎元船桟橋からクルーズ船に乗って(中ノ島と軍艦島)

(ゴミ分別)
高島を出て 違う方角から観ると さらに興味がそそられる。

以前、観光案内所で「高島って何もないところですよ」と一蹴されたことを思いだした。


b0149867_21061172.jpg
何もなくはなかった。一度ゆっくり下りてみたいと思った。

船に乗り込む前 魚のすり身の天ぷらを売っていた。よく見ると島産ではなかった。うっかり。

トマトが栽培されているらしいが、高くて買えなかった。甘いそうだ。

b0149867_21064447.jpg
中ノ島が見えてきた。

b0149867_21260226.jpg
炭坑閉山の後 端島の火葬場や墓場として使われたという。

その向こうに端島、軍艦島が見えてきた。

b0149867_21295200.jpg
船上に一瞬、緊張感が走った。圧倒される。

b0149867_21322876.jpg
バシャ、バシャバシャ!!あちこちで、シャッター音が鳴り響く。

b0149867_21341876.jpg
なんだ、これは。言葉を無くす。
b0149867_21351848.jpg
初めて見る光景、今まで見たこともない巨大な造形物

b0149867_21370165.jpg
立ちあがって構えた。思わず立ちあがってしまう。

b0149867_21383002.jpg
入らない巨大な軍艦。肉眼ではしっかり捉えられているのに。

b0149867_21393287.jpg
皆が圧倒されて、息をのんでいる。

b0149867_21415196.jpg
いよいよ 上陸だよ。

今夏は、台風で一時閉鎖されたクルーズ、どこが崩れたんだろう。

「今見ているあなたたちが軍艦島の最も新しい姿を見てるんです。」

という、コンシェルジュの印象的な言葉がいつまでも心に残っている。

今も変化を遂げつつ端島は、朽ちていく。

写真はほぼ割愛せずにあげていきます。私の記憶として。











[PR]
by chao757 | 2014-09-18 21:48 | 旅行

長崎元船桟橋からクルーズ船に乗って(高島)

(絶滅動物)

今日は気持ちのいい雨が降っている。

ただ今、室温24℃、快適。今週はほぼ仕事で終わる。

ベランダの雨漏りが気になるが、明日は山の方に行く予定。

何事も雲外蒼天、逆もまた真なり。


さてクルーズ船は 高島へと進む。

軍艦島には店もトイレもないので、高島の資料館で予備知識も兼ねて 一時休憩。

b0149867_14395125.jpg
忠実につくられた軍艦島の模型、位置関係がよく分かる。

b0149867_14444180.jpg
コンセルジュの説明も臨場感があって 分かりやすい。

b0149867_14462102.jpg
この姿は現在は見られない。日に日に衰退してゆくのみ。

b0149867_14500704.jpg
高島炭坑職員クラブの模型

b0149867_14562523.jpg
当時の電話

b0149867_14593714.jpg
計算機

b0149867_15030954.jpg
パン焼き器

b0149867_15042572.jpg
これを基盤にしてできた島とはね。コンクリの島は、暑くて寒かった。

b0149867_15082872.jpg
財閥の貌

b0149867_15104972.jpg
炭坑で働く人の哀しみの歌

いざや。

[PR]
by chao757 | 2014-09-13 15:17 | 旅行

長崎元船桟橋からクルーズ船に乗って(伊王島に立ち寄る)

(酸性雨)

いつまでも暑い鹿児島市です。

午後6時ですが、隣の森からツクツクボウシが鳴きわめいています。

かなりうるさい夕暮れ、去りゆく夏に最後のアピールといった鳴き具合です。

しかし、今夏は火山灰がこちらに流れてこないので、窓を開けて暮らすことの快適さを

何年ぶりかに味わっています。エアコンを使う機会がいつもより減ったことでしょう。

木々の緑が緑色であること 当然でありながらここでは当たり前ではないのです。

暑がりの私はまだタンクトップに短パンで、夜はタオルケット一枚です。

名残の夏をめいっぱい味わい尽くしましょう。

さてクルーズの続き

b0149867_18165295.jpg
下船はしませんが、伊王島に立ち寄りました。

教会が見えます。信心深い長崎らしい光景です。

b0149867_18172096.jpg
ペンギン号

ここでは伊王島からのお客さんを拾うだけの停泊です。

素敵なレストランが見えたので、私も次回はここに一泊したいと思いました。

b0149867_18173836.jpg
さよなら伊王島

b0149867_18182686.jpg
今度はどこへ

b0149867_18184405.jpg
違う方向から伊王島大橋を望む。

b0149867_18190314.jpg
いよいよ湾の外へ 高島へ向かいます。

b0149867_18192913.jpg
行き交う船 ワクワク。

まだまだ続きます。

[PR]
by chao757 | 2014-09-12 18:28 | 旅行

長崎元船桟橋からクルーズ船に乗って(海上の風景)



(エコアクション)

随分間が空きました。その間、島に行っておりました。

昨夜のスーパームーンきれいでした。私は丁度ヨーガ教室でしたので、

最後に木のポーズをしながら、皆で観月しました。

来年は、短冊を準備して一句ひねりたいところです。

さて、長崎の続き

b0149867_12595346.jpg
長崎港を出て、海上を進む風景は なかなか見ごたえがあります。

6月はいい季節でしたが、真夏や真冬は遠慮したいですね。

b0149867_13025604.jpg
まさに君臨するM企業といった感があります。設備に圧倒されました。

当地を築いてきた歴史を感じさせます。

b0149867_13054105.jpg
坂の町 長崎、海の都を実感させる風景です。

b0149867_13080035.jpg
船はかなりのスピード感がありましたが、酔うことはありませんでした。

b0149867_13073533.jpg
伊王島大橋 

壮観です。かつて炭鉱だった伊王島も今やリゾート地として。一度宿泊してみたい。

b0149867_13115044.jpg
これは、えと確か・・。その時は覚えていても3カ月すると記憶も曖昧になってきました。

b0149867_13121764.jpg
あの下を通って来たのだもの・・・。

b0149867_13124451.jpg
様々な船がいっぱい。造船はスケールがでかい。

そういえば、昔、船舶設計所でパートしたことがあり、この辺りの船の設計線を描いたことがある。

へいへい。思いだした。



b0149867_13153070.jpg
海上のマリア?

b0149867_13155329.jpg
大分 港外に出てきました。この辺りから、景色も少しづつ変わっていきます。

b0149867_13162246.jpg
素晴らしい!! 伊王島大橋、2011年3月27日に長崎市本土と伊王島地区を結ぶ。

まだまだ続きます。どうぞお付き合いくださいませ。





[PR]
by chao757 | 2014-09-10 13:36 | 旅行

思いを風にのせて・・・


by やまの
プロフィールを見る
画像一覧